JAQS関東とは


一般社団法人 日本建築積算事務所協会 関東支部(通称JAQS関東)は関東地域の積算事務所が集まった協会です。北海道、東北の地域団体が組織化されていないため、現在は北海道を含む東日本の44社がメンバー(会社単位)となっています。

 

我が国の積算関係の団体としては社団法人日本建築積算協会(BSIJ)、建築積算事務所協会(JAQS)等があります。現在BSIJは主に建築積算士、コスト管理士等の個人の資格者制度を運営する全国組織であり、JAQSは建築の積算を本業とする専門事務所の全国組織(協会)で、関東・東海・関西・中国四国の地域ごとの団体の集まりです。JAQS関東はこの中でも最大の事務所会員を組織化した支部であり、2005年2月23日に設立されました。

 

多くのメンバー(積算事務所)は昭和42年設立の日本建築積算事務所協会(BSA)やこの団体が昭和50年に社団化されて設立された社団法人日本建築積算協会(BSIJ)のなかで事務所会員として長年我が国の建築積算の向上に努力してきた経験を持っています。

支部長挨拶


日本建築積算事務所協会関東支部、支部長の齋藤 誠でございます。

コロナウイルス感染症の分類が5類に引き下げられ、社会経済活動が活性化してきました。建設分野では、公共工事設計労務単価が3年前と比べ、全国全職種単純平均で9.%の上昇となり、民間建築投資の回復傾向、都市部での連続する大型再開発、公共事業では国土強靭化5か年加速化対策への対応、自衛隊施設の強靭化要望などで、建設各社はハイレベルの手持ち工事量となっています。これらの計画は序盤で有り、今後も建設産業界の足元は悪くありません。ただ、働き方改革での時間外労働への規制対応や、担い手確保の課題など、待ったなし課題を抱えている状況でもあります。しかしこのような足元が悪くない今だからこそ、将来を見越し、あらかじめ手段を講じておくことが必要だと考えます。

 

この先の、日本建築積算事務所協会(JAQS)会員各位に、適切な契約内容と報酬がなされ、業務が的確かつ合理的に行われるための協会づくりを目標とさせていただき、当協会会員各位の発展のために尽力して参りますので、宜しくお願いいたします。